車の一括査定サイトを利用しても金額を提示してこない業者

kuruma-kannyuu-10-14

最近は、車の一括査定サイトが人気になっています。

ネットから簡単な情報を入力するだけで、最大で10社ちかくの買取り店から査定額を提示してもらえるわけですから、とても便利なサービスといえます。

しかし、そんな一括査定サイトを利用しても、なかなか査定額を提示してこない業者もいます。

査定額を提示しないことには、自社の買取り額をアピールできないはずなのに、なぜそのようなことをするのでしょうか?

それは、いわゆる後出しジャンケンを狙っているわけです。

一括査定というのは、ある意味で入札制のようなものですから、自社で出した買取り額よりも他社の方が高ければ、契約までこぎつけることができないわけです。

そこで、あえてタイミングをずらして、他社の買取り価格が出そろった頃合いを見計らって、探りを入れてくるわけです。

他社さんで一番高い金額のところはいくらでしたか?

そういった問いに対して正直に他社の金額を教えると、次のようなアピールが入るわけです。

「分かりました。それではその一番高いところよりも、うちは3万円プラスさせていただきたいと思いますが、どうでしょう?」

ライバルの最高値が分かった状態で、後出しジャンケンの要領で金額を提示するわけですから、有利になるわけです。

しかも、そういった姑息な手段をとる業者に限って、一番先に電話をかけて来たりします。

そして「ぜひ実際の車を見たうえで査定をさせてください。絶対に他社には負けません」

と猛アピールをしてきます。

他社には負けませんといって一番先に電話をかけてくる割には、査定額をなかなか提示してこないわけですから、フェアではありません。

一括査定サイトを利用する際には、そういった業者もいるということを頭に入れておき、安易に売買契約をしない方がいいでしょう。

最終的には3社程度に絞り、実車を見たうえでの最終的な買取り価格を競争させるようにすることで、より高い金額で買取りをしてもらうことが可能になります。

Comments closed