ディーラーはどんな車でも最低5万円で下取りするのはなぜ?

kuruma-sateigaku-10-08

一般の買取専門店に持ち込んだら、査定額が0円だと言われた車を、ディーラーに持ち込むと5万円程度で下取りをしてくれることが少なくありません。

なぜ買取店では引き取ることのできないような廃車寸前の車を、ディーラーでは5万円の査定額を提示することができるのでしょうか?

その理由を知るには、まず中古車買取店とディーラーのビジネス形態の違いを理解する必要があります。

買取専門店が、中古車の買取をすることで利益を出しているのに対して、ディーラーのメインの事業はあくまでも新車を売ることです。

ディーラーは新車が売れさえすれば利益が出るわけですから、下取り車で必ず利益をださなければならないということはないわけです。

そのディーラーに古い車を下取り車として持ち込んだお客は、これから新車を購入してくれる可能性が高い人なわけです。

そのため、たとえどんなにひどい状態の車であっても、5万円の下取り価格を提示することで、新車を買う予定のお客の囲い込みを狙っているわけです。

もし、買取店と同様に下取り車に対して0円を提示したら、せっかくの新車購入予備軍のお客が他のディーラーに行ってしまうかも知れません。

そうならないために、5万円の下取り提示は非常に有効となるわけです。

ディーラーの儲けは新車を売ることで出すことができますから、仮に0円の価値しかないクルマを5万円で下取りしたとしても、新車の値引き額でうまく調整することもできるのです。

たとえば、もともと20万円まで値引きが可能な車の場合、0円の価値しかない下取り車を5万円で引き取る代わりに、値引き額を15万円とするわけです。

新車のもともとの値引き額が20万円まで可能だということをお客が知らなければ、5万円で下取りをしてくれたことに対して、お客はありがたく感じるわけです。

また、ディーラーの儲けは新車の販売だけではありません。

新車を購入してくれたお客は、その後の定期点検や車検などのアフターメンテナンスで利益を落としてくれます。

そういったことをトータル的に考えた場合、ディーラーは0円の価値しかないクルマを5万円で下取りをしても、まったく損をしないということになるのです。

Comments closed