買取店の担当者と査定後の価格交渉をする際のコツ

kuruma-akushu-10-6

車の売却でもっともハードルが高いのは、査定の結果がでたあとに担当者と行う買取価格交渉ではないでしょうか。

車の買取価格というのは、いわゆる定価というものがありませんから、ある程度は柔軟な対応が可能です。

しかし、価格交渉というのはうまくやらないと相手に機嫌を損ねてしまうこともありますし、お互いに気まずい雰囲気になってしまうこともあるでしょう。

自分の想定内の買取価格であれば、そのまま提示された金額で契約をしてしまってもいいのですが、価格交渉をすることで数万円から10万円は買取価格が上乗せになることはよくある話です。

それだけの金額差が生じれば、あらたに購入する車にいろいろとオプションを付けることも可能になりますので、出来ればうまく交渉を進めてみたいものです。

具体的にはどういった点に気をつけて、交渉をすればいいのでしょうか。

まずは、買取店の担当者を一人の人間として尊重するところから始めましょう。

自分がお客だからといって、横柄で高圧的な態度では絶対に失敗します。

落ち着いた口調で、ときには冗談などを言って笑いを誘いながら穏やかに話すと、お互いに気まずくならずに交渉がすすめられることでしょう。

一方的に大幅査定アップの提案をして一歩も引かない態度では、相手にやる気を失わせてしまいます。

相手がなぜその金額で査定をしたのかということを聞いて、そのことに対して十分に納得した上で、お願いベースで交渉をするのがコツです。

相手は査定のプロなのですから、プライドを傷付けるような交渉の仕方は絶対にNGです。

「うちではその金額を出すのは無理なので、よそで相談してみてください」

と言われてそこで交渉は終わってしまいます。

逆に、相手にこの人から車を買い取りたいと思わせたら、査定アップの交渉はほぼ成功したといっていいでしょう。

「そこまで金額をアップしたら、今すぐ契約をしてくれますか?」

などと相手が乗り気になったらしめたものです。

買取店の担当者といえども、会社に赤字を出してまでで青天井に買取価格を上げることはできませんので、ある程度納得できる金額が提示されたのであれば、相手が乗り気になった時点で契約をしてしまっていいでしょう。

Comments closed