廃車にするほどのボロ車でも買取してもらえるのか?

kuruma-boroboro-10-04

一般的には、年式が古かったり不動車であったりした場合には、廃車にする以外にないと言うイメージがあるでしょう。

廃車にするには、解体業者や陸運局への抹消手続きなどがあるので逆に費用がかかってしまうと思っている方も少なくないと思います。

しかし、スクラップ同然の車だとしても、車種や状態によっては買い取ってもらえるケースもあるのです。

なぜそんなスクラップ同然の車でも買い取ってもらえるのかというと、業者としてはそれなりに利益が上げられる仕組みがあるからです。

たとえば、事故を起こしてしまって、ボディの一部分が大きく破損してしまったとします。

その部分を修理しないと走行が出来ないけれども、修理費が高額になるというケースがあると思います。

そういった場合には、修理をして乗り続けるよりも、むしろ廃車にしてしまった方がいいと考えるでしょう。

しかし、その破損した部分以外は無傷でキレイな状態のままであれば、 その部分を、他の事故車などにパーツとして供給することができるわけです。

つまり、車としての価値はなくなってしまったとしても、部品としての価値があるために買取りをしてくれるということになるのです。

また、日本の車は非常に性能が高いので、多少年式が古かったり走行距離が延びていたりしても、とにかく走りさえすれば中東や東南アジアなどの海外では高値で売れます

もちろん、パワーウィンドウが使えないとかエアコンが壊れているというような車でも問題なく売れてしまうのです。

このように、日本では全く需要がないような状態の車でも、海外向けということであれば売却先があるということになります。

このようなさまざまな理由により、スクラップ同然の車でも買い取ってもらうことができるということになります。

ですから、自分で勝手に「廃車にするしかない」と判断するのは非常にもったいないことです。

廃車を決める前に、まずは無料一括査定サイトなどを利用していくつかの業者に打診をしてみることをお勧めます。

Comments closed