車を高く売るために知っておきたい価格交渉のコツ

Gutachter prft Fahrzeug in Autowerkstatt - TV

車を売却するときには、少しでも高く売るためのコツがあります。

コツと言ってもそれほど難しいものではありません。

しかし、これを知っているか知らないかだけで、実際の査定額に大きな差が出てきますので、車を売る前に知識として知っておいて、業者との交渉時に役立てるといいでしょう。

それでは、車を高く売るためのコツというのは、具体的にどういったものでしょうか?

それは、希望価格を絶対に言わないということです。

買取り店に査定を依頼すると、「おいくらぐらいがご希望ですか?」と聞かれることがあります。

こう聞かれると、いかにもこちらの希望金額に合わせてくれそうな感じがしますね。

しかし、その裏には、少しでも安く買取をしようとする業者の思惑があるのです。

もし、その車の買取り相場が120万円だったとして、あなたがうっかり希望額として100万円と答えてしまった場合、業者は喜んで100万円を提示してくるでしょう。

「この車に100万円の査定を出すのは厳しいのですが、今すぐ売却を決めてくれたら100万円で買い取らせていただきます!」

などとぬけぬけと言ってきたりします。

業者側にしてみれば、お客の希望通りの買取り額を提示して交渉など無駄な時間を省いたうえで、なおかつ20万円も得をすることになるわけですから、笑いが止まりません。

ですから、そういった狙いがあって最初に希望金額を聞いてくるわけです。

つまり、分かりやすく言ってしまえば、希望金額を言ってしまうと、足元を見られてしまうということです。

しかし、だからと言って、あまりにも高額で現実味のない希望金額をいえばいいのかというと、決してそういうわけではありません。

逆に何も買取り相場のことを知らない素人だと思われて、買い叩かれてしまうこともあるのです。

ですから、上手な買取価格交渉のコツは、とにかく希望金額を言わないことなのです。

さらに、可能であれば事前に売却する車の買取相場を、一括査定サイトなどで調べておくと完璧です。

相場を知っていれば、うっかり買取り店の担当者に乗せられて安い金額で売却してしまうという失敗を防ぐことができます。

このお客は買取り相場のことを知っていると思わせれば、相手も真剣にベストプライスを提示してくることでしょう。

Comments closed