車を少しでも高く売るための売却先をどうやってさがすのか?

kuruma1001

中古車の売るときに気をつけたいのがその売却先です。

一番安心なのは、メーカー系のディーラーや大手の車買取専門業者といえます。

その一方で、注意が必要なのは、知人や友人などへ個人的に売却する 方法です。

しっかりと売買契約書を交わした上で、車の名義変更などもしっかりと行わないとあとでトラブルのもとになります。

売ったはずの車に自動車税の支払い義務が発生したり、 その車が交通事故を起こした場合に賠償責任を負う必要が出てくる可能性もあります。

ディーラーや大手の買取り店に売却するときには、それらのすべての手続きを業者がやってくれますが、個人売買の場合にはすべて自分たちでやらなければならないということを肝に銘じておきましょう。

ディーラーへ下取りに出す際のメリットは、 手続きが簡単なことや新しい車が納車するまでに自分の車を使えることです。 長年利用しているディーラーの場合、 多少の無理やお願いにも対応してくれる場合があります。 その一方でディーラー以外の車種に対する査定が低いことや、 下取り金額が買取専門業者よりも低いというデメリットもあります。

車の買取専門業者へ売却する際のメリットは、 ディーラーに持ち込むよりも査定金額が高くなる傾向があるとうことです。

例外もあるようですが、おおむねそういった傾向になることが多いようです。

ディーラーでは、改造車は全く評価されないどころか、むしろマイナスとなることも多いのですが、買取り店の場合だとお店によっては高価なパーツを高く評価してくれるところもあるようです。

買取専門業者へ売るデメリットとしては、査定金額が業者によって大きく変わるという点です。

より高い金額で車を売却したいのならば、 どの業者が一番高く買い取ってくれるのかを自分で調べなくてはいけません。

そんな時に役に立つのがインターネットの車査定サイトです。

いくつかの簡単な情報をネットから入力するだけで、複数の業者から査定額を出してもらうことが可能になります。

どの業者が一番高い金額を提示してくれているのかが、一目瞭然で大変便利です。

実際にインターネットの口コミサイトなどをみても 一括で査定サイトを利用した人のコメントがよく掲載されていますが、 一度に複数の業者を比較できるので、 時間を有効に使えて便利だったという意見が非常に多いようです。

もちろん、車を売るときの業者選び買取り金額だけでは決められません。

複数の業者の中から、自分が気持ちよく応対できるスタッフがいる業者を選ぶことです。

たとえ高い金額を提示してきたとしても、あまりに態度が横柄だったりコミュニケーションをとることが困難な業者は敬遠したほうがいいと思います。

Comments closed